読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞台フィギュアを体験してきたよ #舞台フィギュア

 舞台フィギュアを体験したよ。

 三瀬ちひろさん(ex Especia)が出演すると聞いて6回ある最初の公演こけらおとしを見てきたよ。

 

 フライヤーとかみて完全にHiroki先生の術中にハマってしまっていて本当にスケートのお話なのかな?って思っていたよ。なのにコメディってどんなんだろ?と想像してみたけど何も思い浮かばなかった。

 

会場に入ってみたら沢山の人人人。少しの驚きを感じながら俯瞰で見れる後ろの席にすわった。

 

舞台には人形が沢山おいてある…。あれ?フィギュアって…とやんわり気づいてしまった。

三瀬ちひろさんの影アナで注意事項とかがアナウンスされて程なくしてはじまった。

 

話の内容は今回は割愛するけどヲタクがリア充になるお話。

 

始まって前半はコミカルなダンス。ステレオタイプのヲタクのいちいち芸の細かいところが楽しい。三瀬ちひろさんを探すんだけどみつからない。

 

中盤はコミカルからシリアスに。 ここでも沢山の人がでてきたけど三瀬ちひろさんを見つける事ができなかった。もしかして僕が見逃してたり認識できてないだけ?と凄く不安になった。

 

後半パートでようやく登場!立ち振る舞いがいちいち僕の知ってる三瀬ちひろさんだった。ポージングや ムーヴする度に感動する。

 

公演の最後に出演者みんながでてきてお辞儀をするときの三瀬ちひろさんをはじめ出演者の緊張のとけた感じの雰囲気がすてきだったよ。

 

三瀬さん以外では女子高生フィギュアの方のポージングのかっこよさがすごかったな。

 

終わってからちゃんといいお話だったなー。って思っている自分に驚く。だって場面に応じた音楽とダンスしかないんだよ。誰も喋ってないんだよ?

 

踊りだけでこうも表現できる事にも驚いたしこういう世界があるのも驚いた。皆がいってたようにもう一回体験したかった。今度は一番前で皆の細かな表情とかもチェックしたかったかな。

 

とにかく新しい体験をさせてもらった。

 

三瀬ちひろさんは三瀬ちひろさんだった。

 

ESPECIAは第二章に なってから踊りで表現をする事をやめてしまった。

三瀬ちひろさんは卒業してから踊りだけで表現する舞台に立った。

 でもどっちも表現するという事には違いないし、どちらも純度が高まっていると感じてる。

 

三瀬ちひろさんこれで最後じゃなくてもっともっと踊りで僕達を魅了していってほしいな。