おじさん

お犬様を家に迎えてまだあまり日も経ってない日からのお話。

 

いつもの散歩道。遊歩道の途中にさびれたタクシーの操車場がある。いつもここに止まっているタクシーの運転手のおじさんが僕に声をかけてきた。

「触ってもええか?噛まへん??」と。

僕は少し驚いたけど「大丈夫ですよ。」とお伝えするとおじさんは恐る恐る手をだして子犬を撫でていた。子犬はうれしくなっておじさんに飛びついてしまって、おじさんはびっくりして尻もちをついてしまった。。。

「ごめんなさい。」というが早いか「かまへんかまへん。それより写真とってええか?」と返答。二つ返事でOKした。おじさんは手持ちのガラケーを構えて「ぴろりろり~ん」と音を鳴らして子犬を撮影した。おじさんは撮影した子犬を満足そうに眺めてケータイの待ち受けにして僕に見せてくれた。

それからここを通る度におじさんはさびれたタクシーの操車場の客待ち場から僕たちを見つけると優しい目をしてこちらをみていた。

 

すこし時間が流れた…

 

いつもの散歩道を歩いているとおじさんが「どうしたんや?それ!」と血相かえて飛び出してきた。そう椎間板ヘルニアになってしばらく散歩できてなくてようやく歩行器(車いす)を使って散歩を始めた矢先だった。僕は病気になった事。回復の見込みがないことをおじさんに話をした。

おじさんは言葉を失っていたが「がんばれよ」とちいさい声で言ってそのままタクシーの操車場に消えていった。

 

またまた少し時間が流れた…

 

いつものように散歩をしているとおじさんがまたまた声をかけてきた。

「実はこの操車場も今月一杯で無くなるんや。もう歩いてるの見れなくなるわ。」と。確かにボロボロの操車場でタクシーに乗っているお客さんを見たこともなかったし仕方ないとは思ったけど僕らとおじさんとの接点がなくなるのは少し寂しかった。最後におじさんは日が暮れかけ始めて薄暗くなっているのにガラケーで写真をとってまたしても満足げな顔で待ち受けにして僕に見せてくれた。お別れをして歩き始めて何度も僕らは振り返ったけどおじさんはずっと手を振ってくれていた。

 

ここからさらに2年の月日が流れた…

 

針治療がよかったのか相変わらず麻痺したままだけど反射躯を利用して歩行器なしで一見普通に歩いているかのようにみえるようになったある日。近所の公園で上下ジャージを着たしらない人に犬が僕を引っ張りながらダッシュで駆け寄っていった。

なんとあのタクシーのおじさんだった…。

「歩けるようになったんか!」と目を丸くするおじさんに僕は反射躯で歩けるようになった事や針治療している事とかをお話しした。おじさんはタクシーの運転手を定年で辞めた事とかを話してくれた。その間おじさんは何度も何度も「よかったなぁ。」を連呼してとても喜んでくれた。

お別れをして歩き始めて何度も僕らは振り返ったけどあの時のようにずっと手をふってくれていた。

 

健常で四肢で歩いていた子犬の姿も歩行器の姿も、そしてまた歩けるようになった姿も知ってくれていたおじさん。

 

こんどまたあったらもういなくなったけど15歳になって表彰された凄い犬だった話をしたいとおもっている。

 

名前も知らないおじさんへ。

 

体験は更新されなくても思い出は色褪せない

8月13日 晴れ

いつもの居間のエアコンが壊れてまるで熱帯にいるかのように暑い。お盆だし修理は来てもらえないしで仕方なく、唯一エアコンが壊れていない狭い家の狭い部屋にカイヌシ二人とお犬様2頭身を寄せ合って?いた。

酷暑のせいもあってか老犬はもう体に力が入らないようで「たれぱんだ」や「ぐでたま」に負けないくらいだらんとしていた。翌日は夜からの仕事だったので早朝に皆で近所のいつもの公園に散歩に行く約束をしてその日は就寝した。

 

8月14日 晴れ。

朝6時に起きて約束通り?みんなで散歩。老犬はもう自ら歩くこともできないのでカートに乗せて大きな公園の外周をぐるっと回る。もう何千回と来ているいつもの散歩コース。1周だけして暑さが本格的になる前に帰宅。

家に帰って老犬はご飯を食べさせてもらってうとうとしている。カイヌシもこれから睡眠をとる前に朝マックでも行ってこようと思ったけど老犬の様子がおかしい。

呼吸が浅くて早い。そしてメタルスライムのようにとろけている。とりあえずエアコンのある狭い部屋に移動して様子をうかがっていた。

15分?20分???どれくらい時間が経ったのかあまりわからなかったけど家族みんなのいるところ、ヨメノヒトの腕の中で老犬は息を引き取った。

15歳と11か月。今年の7月になってから急激に体調がわるくなってただけに少し覚悟はしていたけどそれは唐突であっけなかった。敷物を交換する為に動かなくなった老犬を抱いてみたけど少し軽くなっているような気がした。魂の重さは21グラムって映画があったけど本当に魂には重さがあったんだねって思った。

ネットで火葬場を探していろんな事を準備して…としている間にタイムリミット。仕事にいかないといけなくなってしまって家を出た。ああ、お通夜に家をでるとは…。

26:00くらいに帰ってきて老犬の亡骸をみるとすこし涙がでてきたけどとりあえず寝る事に。

 

8月15日 雨のち曇り。

今日はお昼から老犬のお葬式。市内の外れにある火葬場にいく。最後のお別れをして火葬されて骨だけになった老犬をみるとほんとうにいなくなっちゃったんだと実感してまた悲しくなった。

 

9月22日 雨のち晴れ。

動物愛護感謝デー。あまりこういう押しつけがましいイベントは好みではないえど老犬が表彰されるとあれば別。僕の住んでいるところは15歳を超えるとご長寿犬として表彰される。15歳と11か月。本当はこの表彰式も一緒に参加する気満々だったのい叶わなかった。でもご長寿だった事になんの陰りがあるわけではないので堂々と表彰状を受け取った。今年の夏の酷暑を少し思い出させるような暑さの中、大型ビジョン(という名の液晶テレビ)に映った老犬の姿を写真に納めて帰宅。頑張りが認められたような気がして晴れがましさと嬉しさの混じったへんな気持ちだった。

 

10月1日 晴れ。

台風一過の晴れ模様。今日は四十九日。

もう体験は更新される事もなくなちゃったけど思い出はいつまでも色褪せないよね。

 

 

3歳で椎間板ヘルニアになって下半身麻痺。回復する見込みがないという事を告げられた時の受け入れがたい事実。人間なら絶望したり落ち込んだり悲しんだり受け入れるまで相当に時間が必要なのは容易に想像はできるけどお犬様はちがった。

「下半身動きませんけどなにか?」みたいな感じですこしも気にする様子もなくそのポジティブさに救われた。健常な犬よりいろんなことろに行ってみようとか体験してみようとかカイヌシが躍起になっていたのもきっと自分の後悔と自責の念からだったとおもう。北海道や熊本に一緒にいけたのは最高の思い出です。

 

いままでありがとう。

ラテさん

 

 

 

九月十三日 耳を澄ませる日(佐藤まりあさんの生誕に行ってきたよ) #あんぬちゃん #フィロのス

九月十三日 「耳を澄ませる日」

 

これは僕が佐藤まりあさんの誕生日プレゼントに選んだ加加阿365さんの、その日のみの特別なチョコレートというものに書いてあったメッセージだ。

 

正直平日しかも週末じゃなくて木曜日。そして家庭の大きな事情が重なりまくっていて前日でもまだ体験できるか?というような状態だった。

 

でも思い切って半ば強引に新幹線に乗って現場に向かっていた。恥ずかしい話「生誕委員」の中に入っていたのになにも貢献できてなくてかなり申し訳ない気持ちにもなっていた。

 

とりあえず新幹線が遅延しててギリギリになったけどたどり着いた。いろんな人にあいさつしてグッズを買って中に入った。サイリウムと手旗を入場してきた人に手渡す。後ろめたさと意地が入り混じっていたんだとは思うけど一心不乱に協力してくれる人に配った。

 

そして会場には佐藤まりあさんをお祝いしたい人で満員になった。手持ちの手旗もサイリウムも尽きてしまった。前方に少し残っているみたいだったけどもうそこまで行ける感じではなくなってた。

 

入ってくる人に「旗ないの?」とか「サイリウムください」と言われてもごめんなさいとしか言えない自分の見積もりの甘さが悲しくなった。

 

そうこうしてるうちに会場に人が入れないくらいになって始まった。事前に公開されていたチェックのトップスにピンクのスカートだ(多分)

 

そう入口付近の最後尾にいたので彼氏面どころか全く見えないポジション。ちょっと悲しさもあったけど去年とはくらべものにならないくらいの人が佐藤まりあさんをお祝いしてくれてると思ったら少し泣けてきた。

 

佐藤まりあさんのスペシャルなソロコーナーは80'sや90'sアイドル歌謡だ。声質の近い「森高千里さん」や「南野陽子さん」というヲッサン殺しの楽曲のチョイスといい少し最後に上ずる佐藤まりあさんの歌声が心地よい。なにより歌唱力が向上していて持ち歌の「なでしこ色の恋の歌」が音源より相当よくなっているのがうれしくて涙してしまう。音源の不安定な歌唱も少女特融の儚さとかを表現できている(偶然の産物だけど)ので良いのだけどやはり上手くなっている方がうれしい。

 

そしていよいよアンコール。一斉にサイリウムが点灯してフロアがピンクに染まる。出てきたフィロソフィーのダンスのメンバーも旗をもってくれている。メンバーは全く見えないけど掲げた旗とサイリウムの海が僕の視界を支配していた。

 

ああ、僕はこれがみたかったんだ。

みんなが佐藤まりあさんをお祝いする光景を。

そう思ったらなにかが崩壊してそこから先はあまりよく覚えていないんだ。

幸い特典会の長い長い行列にならんでいる間にいろんな事整理できたのでよかった。 

 

 

どんな笑顔してたのか?もわからないけど最高の笑顔だってことはみなくてもわかる。

 

今でも目を閉じて耳を澄ませば、オーディエンスの歓声とすこし上ずった佐藤まりあさんの歌声が聞こえてくる。

 

誕生日おめでとうございました。佐藤まりあさん

 

嫌いと苦手と家族と愛と。15年目の真実


家に犬が2頭もいるけど僕は犬が嫌いというか苦手です。

理由はだいたいこんな感じ。
「生理的に受け付けない」
「誰にどう言われようと怖い」
「大きい、小さい関係なく怖い」
「犬なんて居なくても困らない」

とにかく嫌いです。

僕はは犬が怖くて仕方がないです。
「言葉も通じひんのに信用できん。何しよるか分からん」っていつもおもってます。
それなのにどこに行っても真っ先に犬に飛びつかれます。
犬に飛びつかれるなど恐怖以外のナニモノでもないのですが腰は引けつつ、こわばった笑顔で
「こんにちは」と頭を撫でるコトができるようになりました。お犬様が我が家に来て15年以上経過しますが、来る前と変わらず犬嫌いのままです。
それでもゴハンをあげ、排泄の処理をし散歩に付き合い、一緒にボール遊びをしてました。
布団を半分以上占領されても我慢して寝てました。

 

そんなこんなですが15年もたつとは思ってもみなかった。3歳で病気したときはやっぱり悲しかったしこの先どうなるんかな?とおもったけど不安を吹き飛ばすかのように元気になりましたね。今は昔みたいにグングンこないしもう寝てばっかりになっちゃったけど。誕生日おめでとう。あとすこしもうすこしがんばろうね。
f:id:naespecia:20170928233136j:image


f:id:naespecia:20170928233201j:image

I am ? ONLY! #monari

脇田もなりさんの1stソロアルバムリリースパーティ バンドワンマンライブにいってきたときの話。

 

僕は脇田もなりさんが大好きで(今更)仕方ないんだけど今回のライブを体験してちょっと見方がかわった気がした。

 

「I am?」
「ONLY!」
っていうアルバムタイトルのコールアンドレスポンスを大きい声、小さい声、高い声、低い声。asiaが人で一杯になっていることを何度も確かめるがごとく沢山ん数えきれなくくらいしたよ。その度にもなりさんの笑顔が弾けて沢山のファンの前で歌っているんだって実感しているようだった。

 

後方でもなりさんの歌声で観客がスイングしているのを感じながらちょっと懐かしい感じの喧噪の中僕もスイングしてた。そして色んな表情を見せながアルバムの全12曲とアコースティックカバーで3曲の合計15曲を終えて終了した。

 

ソロで歌う切っ掛けとなった曲「CloudlessNight」で始まり
中盤で歌手を目指す切っ掛けとなったYUKIさんの「JOY」をアコースティックで
アンコールでデビュー曲「IN THE CITY」をやって幕を閉じた。

 

こうやってONLYなもなりさんが形成されて今があるって言われてる気がした。

 

11月に新曲が出て12月に東京、1月に大阪でリリースパーティといい話もあったりしてかつての困り系の面影は微塵もなく明るい未来が続いていくことを予兆できるステージだったようなきがする。

こんな時間が流れていったらいいのになとかをasiaの片隅で考えた。

 

脇田もなりさん

ソロデビュー1周年おめでとう!

「いつもありがとうございます。」で前に進める #Especia

「いつもありがとうございます。」

これは僕がEspeciaの全握の時に三瀬ちひろさんに掛けてた言葉だ。

僕「いつもありがとうございます。」

三瀬さん「いやいや、こちらこそ。」

近所のおばちゃんの会話かよ!って感じだけどいつもこうだった。

最初はこんな感じじゃなかったけどわりとスグにこんな感じになっていた。

多分テンパった僕が何を話していいかわからなくて咄嗟に出てきた言葉なんだろうけど不思議としっくりきて気に入っていた。

 

Especiaが

 前のめりなとき

 ダウナーなとき

 テンション上がって収拾つかないとき

 ぐだぐだなとき

いつも前に進むようにしてくれていたのは三瀬さんだった。

いつの間にか僕の中ではそういった感謝の意味を込めての「いつもありがとうございます。」に昇華されていた。きっとそんな事思っているのは僕の独りよがりだったけど。

 

そしてずっと時は流れてEspeciaから三瀬さんが卒業することが発表された。永遠は存在しないって事をこれほどまでに痛感したことはなかった。

 

あと数える程しか逢えない事がわかってからの僕は確実に挙動不審だったと思う。沢山の想いを伝えようとすればする程、言葉が出てこなくなっていた。

ちょっと困ってテンパって黙り込んでいる僕に三瀬さんから「いつもありがとうございます。」っていつもの言葉を先に言われた。僕も負けじと「いやいや、こちらこそ。」って返してちょっと笑ってしまってた。

そういつもと完全に逆のパターンだ。なんか毎回同じ言葉を掛けているだけて…と思っていたけど、少なくともこの時だけは確実に何かを伝え合うことができたと強く思えた。

 

僕がEpseciaさんへの差し入れの大半は三瀬さんのTweetから決めていた事や、三瀬さんのやさしい感じする手の美しさがとても好きだった事は言葉にする事はなかったけど後悔はしてない。そしてきっと次に話す機会があったとしても絶対に「いつもありがとうございます。」って言うから。

 

なんで今こんな事を書いているかというと三瀬さんが舞台に立ってパフォーマンスを披露したから。あいにく僕は体験できてないけどちょっと昔の事を思い出していた。

 

こうやって困った時に三瀬さんはいつも僕に何かを教えてくれる。

いつもありがとうございます。

前に進んでいきます。

 

 

すききらいアンチノミーが足りない? #フィロのス

嫌い!好きだ!

大嫌い!どっち?

今日は好き 昨日普通?

大大嫌い!好きだ!

そう逆に!嘘だ!

もしかして気になる?

ahどっちがどっちなの

すききらいアンチノミー

 

そう去年大好きになった「フィロソフィーのダンス」さんの代表曲 すききらいアンチノミーの歌いだしだ。いまでこそ「大好きだ。」って言えるんだけど実はここに来るまでには結構な葛藤があったんだよ。

 

2016年の2月末。そうEpseciaの第一章が終了したときだ。やっぱり僕も虚無になって替わりを見つけるとかそういうのじゃなくて無意識に似たものを検索したなかの1つがこれだった。

www.youtube.com

その時の感想が「物足りない…」と一刀両断していた。

フィロソフィーのダンス(フィロのス)さんは動画等のネットの情報がすくなくあまり終えなかった。

 

でもなんとなく気になって動画を見続けてるとメンバーカラーの青がテクニックで聴かせて、赤が豪快に特徴のある歌い方をするとかますますEspeciaを意識してしかみていない自分が嫌になった時期でもあった。

 

そうこううだうだしているうちにEpsecia第2章がスタート。

お披露目のライブにいくも、正直半年待たせてこれ?と個人的にはおもわせるような内容だった。(EPを聞いて納得、楽曲を創るのに時間がかかっていたのね)その後の情報の出の遅さと東京での朝イチのライブばっかりだったので体験する事ができなくなってしまった。

 

そんな中で2016/07/18に僕の中で評判だったヤナミューこと「ヤなことそっとミュート」さんを体験した。凄い良かった。また体験したいと思えるパフォーマンスだった。

 

1週開けて2016/07/30。この日はNHKホールでNegiccoさんのワンマンがるのでそれを体験するのがきまっていたので午前中に参加できるライブないかなーとみているとフィロのスさんがブッキングされているライブをみつけた。とりあえず体験してみる事に。

誰か?の生誕イベント(忘れた)で持ち時間もすくなかったけど運よく?上手のPA前の最前で体験する事ができた。

 

 

た、たのしい…

 

 

この感覚は僕が初めてEspeciaを体験したのと同じ感じ。一発で大好きになってしまった。でもまだ心のどこかでEspeciaがひっかかっていたのでなんとなく赤と青を避けて桃の「佐藤まりあ」さんを推す事にきめたのでした(本当は佐藤まりあさんを推す事になるのはもっともっと理由があるんだけどそれはまた今度)

 

そして運命の日2016/09/23 脇田もなりさんがまた帰ってきた!もなりさんの夢の続きを応援できる日がくるなんて本当に最高だった。

 

こうして役者?は出そろった。

 

2017/02/05 で

脇田もなり × フィロソフィーのダン

ヤなことそっとミュート × フィロソフィーのダン

2017/02/11 

Negicco × フィロソフィーのダン

 

と立て続けに去年度僕が心を動かされたアーチストが対バンをする

 

その中心がフィロソフィーのダンスになっているのもなにかの必然のような気すらする。

 

今年度でいえば一番体験しているのはフィロソフィーのダンスだ。

きっとそういう事なんだろう。